2008年04月16日

Iron Maiden: 鋼鉄の処女

198.jpgメイデンのファーストアルバムをご紹介します。
NWOBHM(ニュー・ウェーヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)の最大の遺産、アイアン・メイデンにブルース・ディッキンソン、エイドリアン・スミスが復帰し、もう何年たつだろう。私にとっては待ちに待った二人の復帰に狂喜乱舞した。
デビュー当時をリアルタイムでは知らない世代のリスナーが多くなってきた現在では正確には伝わらないかもしれないが、当時の証言などを文字で追うことと、そのサウンドに接することでもその辺は感じられるように思う。
’77年頃、イギリスはパンク・ムーヴメントに沸いていた。他でもないメディアがこぞって取り上げたこのパンク~ニュー・ウェーヴ・ムーヴメントを通過しなくては生まれなかったのが、アイアン・メイデンのサウンドであり、NWOBHMだった。当時はまさかここまでアイアン・メイデンが売れるとはだれも予想していなかっただろうがこのアルバムを聞くと納得できると思う。私も1曲目のプローラーにはノックアウトされてしまった。
私がメイデンを聴き始めたのが魔力の刻印からだけど、聞けば聞くほどファーストアルバムとセカンドアルバムを聴きたくなってしまった。もちろん最初の2枚のアルバムのVoはポール・ディアノであったが、この2枚はポールで良かったと思わせる作品である。まだ知らない人は一度聞いてほしい。

posted by エディ at 17:40| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二人の神

662.jpgMichael_schenker.jpg私にとってギターの神様といったらこの二人であろう。「リッチーブラックモア」と「マイケルシェンカー」私らの時代の人なら知らない人はいないと思うが、私もリッチーのギターに酔い、彼のようにギターが弾けたらと練習に励んだものだった。その後二十歳を過ぎマイケルシェンカーに出会いこれもまた神とあがめるようになったのだが・・・・・・マイケルに出会うのはちょっと遅かったけどジミーペイジ同様私が尊敬するギタリストです。(性格はともかく)
posted by エディ at 12:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。