2009年02月01日

The X Factor

171.jpgブルース・ディッキンソンの後任ヴォーカリストに元ウルフズベインのブレイズ・ベイリーが決定。スタジオ・アルバムとしては前作から4年ぶり、10作目となる1995年度作。10分以上にも及ぶ大作M1や、フランシス・F・コッポラの映画『地獄の黙示録』にインスパイアされたというM10など、アイアン・メイデンならではのアプローチを聴かせるが、ここでは「Man On the Edge 」という曲を聞いてみてください。

結構カッコイイ曲で、ブレイズに変わってほとんど聞かなかったんですが(CDは一応買っていた)改めて聞いてみると結構カッコイイ曲が入ってるんですよこれが。

posted by エディ at 15:52| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルバムの曲、結構良いですよねぇ。
たま〜に聴いてみたりしますが、その度にもったいないアルバムだと思ってしまいます。

今のメンツで録り直して欲しいと愚かな事を
いつも考えています^^;
Posted by SANE at 2009年02月03日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。