2008年04月18日

ランディー・ローズ

250px-Randy_rhoads1_crop.jpgRandy Rhoads(ランディー・ローズ)メタル・ハードロックを好きな人でこのギタリストを知らない人は居ないと思う。(若い年代の人は別として)
天才ギタリストとして知られ、多くのギタリストが彼に少なからず影響を受けてきていると思う。
残念ながら1982年にオジー・オズボーン・バンドの全米ツアー中に遊覧飛行で乗ったセスナ機の墜落事故により短い生涯を25歳で閉じてしまったが、現在のロック・ギターの進化の一端を担った人物いっても過言ではないだろう。
同世代のイングヴェイ・マルムスティーンより早くクラシック的な雰囲気を曲中に組み込、イングヴェイのギターがあくまでリード・ヴァイオリン的であるのに対し、ランディのそれは必要に応じてヴァイオリンにもチェロにもなりうるもので、バンドの一員としてのポジションを重視しているように思う。同時期の改革者としてエディ・ヴァン・ヘイレンがいるが、アメリカ的な明るさを前面に出したエディのプレイに対して、ヨーロッパ的な湿っぽさを残したギターでクワイエット・ライオット時代はともかくオジー・オズボーン・バンドにはぴったりはまっていたと思う。
何はともあれ非常におしいアーティストをなくしたと思っている。
posted by エディ at 08:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93769827

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。