2008年04月21日

IRON MAIDEN(キラーズ)

197.jpg衝撃のデビューを果たしたアイアン・メイデンのニ作目(1981年発表)。6人目のメンバーといわれた名プロデューサー、マーティン・バーチのプロデュース。またギターがエイドリアン・スミスに変わり、勢いに溢れ衝撃度の高いファーストに比べ、こちらは名曲を多く含んでいることで人気が高い。私自身1曲目の3月15日〜ラスチャイルドに流れ込むところは鳥肌立てて聞いていた。この後ヴォーカルがポール・ディアノからブルース・デッキンソンに変わることになるが、ヴォーカルに関しては賛否両論のようである。自分はそれぞれ特徴が有りすべて好きである。
posted by エディ at 12:49| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94133152

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。