2008年12月29日

No Prayer For The Dying

707.jpg脱退したエイドリアン・スミスに代わり、元イアン・ギラン・バンドのヤニック・ガーズが加入しての1990年に作られたアルバムで、今までの大作主義的なものからコンパクトな楽曲を中心にした構成へとなっている。これまで進んできた方向性にやや変更が見られるような気もする作品でフラストレイションを爆発させたかのようなライヴ感覚を押し出している。
 個人的には2曲目の「Holy Smoke」と9曲目の「Bring Your Daughter...To the Slaughter」なんて曲が結構好みかな〜わーい(嬉しい顔)    
posted by エディ at 19:29| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

Led Zeppelin

LedZeppelinChicago75.jpgレッド・ツェッペリンは 1968年 - 1980年イギリスロックバンドです。人気実力共に1970年代を代表する世界的なロックバンドである。略称は、Zep若しくはLed Zepと言っていました。
1970年代、全世界で圧倒的な人気を誇ったロックバンドであり、日本においても彼らのアルバムが発売されるとすぐにスーパースターとなり、1971年の初来日公演の衝撃と演奏の素晴らしさは日本の音楽史上に残る伝説となったバンドです。

残念ながら私自身Zepを知ったのが遅すぎてリアルタイムで見られなかったけど、これも友人に勧められて当時のLPを購入しました。
メロディーの美しさもさることながらやっぱりジミー・ページのギターが・・・・・・・美し〜!「天国への階段」はあのポールモーリアですらアレンジのする余地のない素晴らしい曲と絶賛したくらい私もだいすくきな曲なんです。
残念ながら1980年ジョン・ボーナムは死去し活動を終了してしまいましたが。つい最近、2007年ロンドンで一夜限りの再結成をしたようで。見たかったな〜とはいってもロンドンじゃいけないけど・・・・・・
ともあれ興味のある方一度聞いてみては?
Led Zeppelin4なんかどうかな〜個人的に「天国への階段」が入ってるんですきなんですが、でもまだまだCD結構あるのでよかったら聞いてみてください。

 
posted by エディ at 15:15| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Led Zeppelin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

Motörhead(*゚Д゚)/ダー゚+。

300px-Motorhead-03.jpgモーターヘッドは1975年に元ホークウインドレミー・キルミスターを中心にイギリスで結成された3人組のロックバンドである。
バンド名の由来はホークウインドの同名の曲から。初代ギタリストは元ピンク・フェアリーズUFOラリー・ウォリス
彼らのルックスやレミーの激しいダミ声による歌い方に汚らしいイメージを持たれているが、ロックンロールだけでなく、パンクヘヴィメタルリスナーなど幅広い層に支持されている。
メンバーチェンジを繰り返すが、実質的にレミーのバンドであり、不変の音楽性で長年ファンを魅了し続けている。アメリカではWWE所属のプロレスラーであるトリプルHのエントランステーマを歌っていることでも有名。攻撃的でスピーディーなサウンドや、スレイヤーメタリカなどスラッシュメタル系のミュージシャンに好まれていることなどから、日本版のCDの帯などで「スラッシュメタルの元祖」と紹介されることもある。
前述のように非常に個性的な側面を持つためヘヴィメタルに分類される事も多いが、厳密にいえば音楽スタイルはハードロックに近い。事実まだヘヴィーメタルという言葉が一般に認識される以前からこのスタイルで活動をしているバンドなので私自身どちらかといえばハードロックの部類に入るのではと思う。
posted by エディ at 14:00| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | Motörhead | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UFO

239.jpgあのマイケル・シェンカーが在籍していたことでも知られているUFOは1969年に結成されたイギリスロックバンド。時系列的にはレッド・ツェッペリンを後継し、1980年代のハードロックヘヴィメタル、例えばアイアン・メイデンスティーヴ・ハリスメタリカカーク・ハメットメガデスデイヴ・ムステインなどのアーティストへ、そして後のNWOBHMへ多大な影響を与えた。
今の若いオーディエンスには馴染み薄だと主が、ギター小僧であるなら是非一度聞いて欲しい。
もちろんマイケル在籍中のであるが・・・・・・・
上に紹介しているアルバムは「Best of」といういわばベストアルバムで、マイケル在席時の曲である。あの名曲「Doctor Doctor 」も入っているので是非聞いて欲しい一枚である。

MHVで検索すると出てきますよ。結構レアなCD/DVDがそろっているので聞いてみたい人は一度検索してみてください。

posted by エディ at 11:24| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

Stryper

133.jpg320px-Stryper_Concert_1986.jpgSTRYPERを知っている人はどれくらいいるだろうか?

まだまだ若かりし頃・・・・1980年代日本もメタルに沸いていた時期だった(おれもバンドやってたし)レンタルスタジオには高校生バンドが昼夜問わず押し寄せ「君たちはいつ勉強してるん?」聞きたくなるくらい。あれからもう何年たつやら。

そのころのメタルシーンはヨーロッパとアメリカと大きく分けて2分割されていたようなところがあって、われわれはどちらかというとヨーロッパ系であり、LAメタルのチャラチャラした(気に障ったらごめんなさい)はあまり好まなかったとはいってもアメリカ系とはいっても全部がチャラチャラてるわけではなく例外もあるので一応・・・・・・

とういうわけで今回実は私もアルバムを持っていたSTRYPERとうバンドを紹介します。

ストライパーは、アメリカカリフォルニア州出身のヘヴィメタルバンドで、1983年の結成から1992年の解散まで、主に1980年代に活躍し、クリスチャン・メタルの先駆者として知られていた。キリストを賛美するような歌詞やステージ上から聖書を投げるといったライブパフォーマンスで有名で、LAメタルシーンの中でも異色のバンドであった。2003年には再結成を果たして2005年にはアルバムをリリース、メタルシーンに復帰している。

その復帰アルバムがここに載せているアルバム「Reborn」であるわけ!
LAメタル全盛期の80年代中頃に人気を博したクリスチャン・メタル・バンド、ストライパーの再結成アルバム!10年以上のブランクを感じさせないメロディアスでハードなサウンド、マイケル・スウィートの天使のようなヴォーカルも健在!

まー興味のある人は是非聞いてみてください。
ちなみに昔の映像がありますので見てみてください。

posted by エディ at 14:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Stryper | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

久々更新

80241_lg.jpgいや〜久々に更新だ〜手(チョキ)

どうでもいいけどかなりサボっていいたので忘れられたよな〜
仕事仕事でほんとに暇がなかったけど、ふっと気づくと最近はよくギターを手にしてることが多い。

なぜか・・・・・・実はもう一度バンドをやりたいと思ってるんだけど、こんなおじさんとバンド組んでくっれる奴いないだろうし。
昔のバンド仲間をたどっても連絡先がわかってるのはたった2人。

ここで募集してくるかな〜

彼らみたいにパワーあふれるライブがまたやってみたい。
posted by エディ at 04:01| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器(ギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

Seventh Son Of A Seventh Son

183.jpgえ〜久々の更新ということで・・・・・・・・
久しぶりにわれらメイデンのアルバムをまたまたご紹介このアルバムは通算7枚目のアルバムでその名も
「Seventh son of a seventh son」というアルバム邦題が第七の予言!
聖書の世界で特別な意味を持つ「7」という数字に拘った、よりドラマチックな深さにアプローチした作品で、その中でも3曲目は高い美意識を感じる。
すべての曲がひとつのストーリーとして絶妙に絡み合っていて聴いていて思わずうなってしまうほど。
個人的には5曲目のタイトル曲が一番好きだが・・・・・
これだと私の好みがばれてしまうかな?
posted by エディ at 20:29| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

久しぶり〜に更新

190.jpgいや〜忙しくてろくすっぽ休みも無かったのですっかり更新してませんでしたねもうやだ〜(悲しい顔)

ってことで久々の更新でするんるんこのアルバムは『パワースレイヴ』からライヴ盤『死霊復活』を挟んで、約2年ぶりに発表された1986年度作。ギター・シンセサイザーを導入し、サウンドの幅を広げると同時に、彼ら独自のテンションで聴かせたアルバムですね!

俺もこのアルバムが出た当時は何じゃ???なんて思ったものですが。これがそれほど避寒したもんじゃないな〜って聞いてるうちに思ってくるからふしぎ!

ま〜結局メイデンひいきってことだけど・・・・・・
posted by エディ at 21:30| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

Powerslave

193.jpg
このアルバムが「IRON MAIDEN」の人気を不動のものにしたといっても過言では無いというくらい有名なアルバムです。
私もこのアルバムには思い入れは結構深く何を隠そうMAIDENを初めて生で観たのもこのアルバム発表時のツアーで来日したときで、あの時は新宿の厚生年金会館ってところまでみに行ったんです。

1984年発表のこのアルバムはヘヴィメタルが衰退し始めてきたこの時期、そんなことは関係ないとばかりにMAIDENが自身の新たな道筋を示したアルバムと言ってもいいと思います。
2月に行われた日本公演は1枚目から7枚目のアルバムの中からの選曲ですが、やはり中心は「Powerslave」からでオープニングもChurchill Speech からAces Highに流れ込むあの時の公演そのままでした。違っていたのはその後の曲数曲となぜかFear of the Darkが入っていたことかな。

私にとっては嬉しい誤算でしたが今回は聞けないと思っていましたから。でもでもやっぱり「Aces High」「2 Minutes to Midnight」「Powerslave」「Rime of the Ancient Mariner」はちゃんとやってくれたんでもう涙チョチョ切れものだったです。

長くなってしまいましたがふらふらもしまだ聞いたことがない人がいたらぜひ聞いてみてください。

posted by エディ at 12:51| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

IRON MAIDENこんなのめっけた

こんな映像めっけてしまいました。

幕張を思い出すな〜〜また行きて〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
http://www.youtube.com/v/KivqCYiO5iU&hl=ja"></param><param

posted by エディ at 22:39| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。