2008年04月26日

足跡帳

250px-Adrian_Smith_30nov2006.jpg
いらした方是非足跡残して行って下さい。
宜しくお願いします。わーい(嬉しい顔)
posted by エディ at 05:21| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IRON MAIDENトリビュートバンド

127.256.1208964128.jpgおはようございま〜す眠い(睡眠)

てか・・・この時間まだ眠いっす・・・・
何が楽しくてこんな時間から仕事してるんだろう・・・・ってブログ書いてるけど
一応仕事中です。

そういえば知っている人もいると思うけど。
IRON MAIDENのトリビュートバンドで「アイアン・メイデンズ」ってバンドがあるんですが(自分もCDもってます)
が4月23日に4曲入りのEPを発売しました。
収録曲ですが次の4曲がはいってます。
1. Transylvania (インストゥルメンタル)
2. The Evil That Men Do
3. Different World (アコースティック)
4. The Trooper (ディスコバージョン)
ただ最初はMAIDENのコピーバンドって認識でしかなかったんだけど、今回のEPは3曲目のDifferent World がアコースティックバージョンで4曲目のThe Trooper がディスコバージョンになっていて私的には「へ〜〜こんなのもやっちゃうんだ」なんて思っているんだけど。

最初聞いた時の感想は確かにうまいし、本家の音・演奏も忠実に再現できててコピーバンドとしては結構レベル高いなというイメージだったんだけど今回のEPは違うジャンルへのアレンジが加わっていてどんなんだか聞いてみたいという衝動に駆られています。

ただ今月は小遣いが危機なので来月まわしになりますがね。


皆さんも1度聞いてみてください。
結構いけてますよこのバンド。手(チョキ)

↓ポチットな!
http://www.geocities.jp/maidenjapan_official/map664.html
posted by エディ at 04:47| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

ESP(エイドリアンのと同じ)

20071108 003.jpgこのギターはある意味あこがれでもあったもので。

あのワールドスレイヴァりーツアーの時エイドリアン・スミスが使っていたラドーというメーカーのギターをコピーしてもらって作ったギターです。
パーツ等も本物と同じものを使用。ただ、フレットのマークだけは貝が高くて手に入らないとのことでプラスチックですが、それ以外は全部同じです。
色はグレーブラックサンバーストでデイドリアンがメインで使っていた黒とは違いますが、個人的にこっちの色の方が好きなのでこの色にしてもらいました。

カッコいいでしょうわーい(嬉しい顔)黒ハート
posted by エディ at 18:36| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器(ギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

Number Of The Beast

196.jpgこのアルバムはメイデンを世に知らしめたアルバムといって過言ではないであろうっと思う。
なぜか・・・・この作品はアメリカン・チャートを意識した部分もあるのか前二作よりややポップなところも見られ、ヴォーカルがブルース・ディッキンソンに交替。個々の完成度はさすがに高くこの時点での新たな方向性を示唆した一枚だといえる。前作2枚のアルバムとは明らかに違ってきているので聞き比べてみればわかるのでは?ま〜ヴォーカルがブルースに変わったせいもあるだろうが、このアルバムから結構聞く人が増えていったのでは・・・・何を隠そう私もその一人なのであしからず。でもこのアルバムからはライブ時に常にセットリストに入っている曲として「Number of the Beast」や「Hallowed Be Thy Name」といた定番の曲もあり全体的に聞きやすくまとまっていると思う。
 
posted by エディ at 23:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IRON MAIDEN(キラーズ)

197.jpg衝撃のデビューを果たしたアイアン・メイデンのニ作目(1981年発表)。6人目のメンバーといわれた名プロデューサー、マーティン・バーチのプロデュース。またギターがエイドリアン・スミスに変わり、勢いに溢れ衝撃度の高いファーストに比べ、こちらは名曲を多く含んでいることで人気が高い。私自身1曲目の3月15日〜ラスチャイルドに流れ込むところは鳥肌立てて聞いていた。この後ヴォーカルがポール・ディアノからブルース・デッキンソンに変わることになるが、ヴォーカルに関しては賛否両論のようである。自分はそれぞれ特徴が有りすべて好きである。
posted by エディ at 12:49| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)

135.jpgオジーをしらない人にはうってつけのCDだと思います。
ランディ・ローズが他界して後のギタリスト「ジェイク・イー・リー」や「サック・ワイルド」のプレーも楽しめる結構お買い得CDだと思います。オジーは聴きたいけど・・・昔からのアルバムを1枚1枚揃えるのは大変ですよね!
でもこのアルバムならとりあえず一通り有名な楽曲は網羅されていますからこれからオジーを聞こうと思っている方は是非購入してみてください。
   ↓ここならほとんど揃うのでお勧めですよ!
http://www.hmv.co.jp/product/detail/678135
posted by エディ at 06:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Ozzy Osbourne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tribute -ランディ ローズに捧ぐ

062.jpgこのアルバムは若くして飛行機事故でこの世を去った天才ギタリスト、ランディ・ローズの五回忌にリーリスされたアルバムです。オジー・オズボーン自身がランディを敬愛していたことから本作のリリースが実現した。内容は1981年のカナダ・ツアーの模様から。ランディ・ローズのギタープレイは勿論のこと、オジーにとってもベストな出来のパフォーマンスを見せてくれていと思います。 ランディやオジーのファンの方はもちろんそうでない方もこのアルバムを是非聞いてみてください。彼のギタープレーを聞いてみてください。ランディを知らない若い世代のにとってちょうどいい入門CDになると思います。
posted by エディ at 06:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Ozzy Osbourne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VVVVVVVV〜ヴィ!

20071108 006.jpg「グローバージャクソン」のVモデルこのタイプはトレモロユニットは無く、ボディー本体の裏から弦を通してくるタイプです。
もともと私自身あまりトレモロユニットのついたギターは好きではなかったので(チューニングが面倒)何本も持っていないのですが、前で書いたランディーが好きだったこともあってこのVが欲しかったので買ってしまいました。これが結構弾きやすくて、私はギターを弾くわりには指が短いのですがその私でも結構弾きやすくて気に入っているギターのひとつです。
posted by エディ at 06:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器(ギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

ランディー・ローズ

250px-Randy_rhoads1_crop.jpgRandy Rhoads(ランディー・ローズ)メタル・ハードロックを好きな人でこのギタリストを知らない人は居ないと思う。(若い年代の人は別として)
天才ギタリストとして知られ、多くのギタリストが彼に少なからず影響を受けてきていると思う。
残念ながら1982年にオジー・オズボーン・バンドの全米ツアー中に遊覧飛行で乗ったセスナ機の墜落事故により短い生涯を25歳で閉じてしまったが、現在のロック・ギターの進化の一端を担った人物いっても過言ではないだろう。
同世代のイングヴェイ・マルムスティーンより早くクラシック的な雰囲気を曲中に組み込、イングヴェイのギターがあくまでリード・ヴァイオリン的であるのに対し、ランディのそれは必要に応じてヴァイオリンにもチェロにもなりうるもので、バンドの一員としてのポジションを重視しているように思う。同時期の改革者としてエディ・ヴァン・ヘイレンがいるが、アメリカ的な明るさを前面に出したエディのプレイに対して、ヨーロッパ的な湿っぽさを残したギターでクワイエット・ライオット時代はともかくオジー・オズボーン・バンドにはぴったりはまっていたと思う。
何はともあれ非常におしいアーティストをなくしたと思っている。
posted by エディ at 08:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

インギー

250px-Yngwie1.jpgイングヴェイ・マルムスティーンといえば早弾き大好きなメタラーなら知らない人はいないと思うけど。
トニーを紹介したんでインギーもと思いまして・・・・・私がインギーを知ったのがアルカトラズというバンドのヒロシマモナムールって曲のビデオクリップを見たときが初めてで、最初見たときはあのギターテク(驚くほど早く動く指)にビックリしたもんです。もともと自分はメタルと言うより、チョット前のハードロックって言ってた頃の人間なんでリフ重視男なんですが、ギターテクもここまで来たかなんて一人で関心してましたよ。その後もライジングフォースなどインギーの曲を良く聴くようになったんですが、ま〜私にとってはつまみ食い程度に聞いているのが良いのかなって思っています。今でも時々聞きますがあまり聞いていると結構お腹いっぱいになってくるので(^^;)よくインギーはクラッシックのバイオリンやピアノの曲をギターで弾いていましたがあれはカッコいいと思いましたね。ただ残念なことに性格に難ありって感じですかね。
posted by エディ at 06:49| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Yngwie Malmsteen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。