2008年04月16日

Iron Maiden: 鋼鉄の処女

198.jpgメイデンのファーストアルバムをご紹介します。
NWOBHM(ニュー・ウェーヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)の最大の遺産、アイアン・メイデンにブルース・ディッキンソン、エイドリアン・スミスが復帰し、もう何年たつだろう。私にとっては待ちに待った二人の復帰に狂喜乱舞した。
デビュー当時をリアルタイムでは知らない世代のリスナーが多くなってきた現在では正確には伝わらないかもしれないが、当時の証言などを文字で追うことと、そのサウンドに接することでもその辺は感じられるように思う。
’77年頃、イギリスはパンク・ムーヴメントに沸いていた。他でもないメディアがこぞって取り上げたこのパンク~ニュー・ウェーヴ・ムーヴメントを通過しなくては生まれなかったのが、アイアン・メイデンのサウンドであり、NWOBHMだった。当時はまさかここまでアイアン・メイデンが売れるとはだれも予想していなかっただろうがこのアルバムを聞くと納得できると思う。私も1曲目のプローラーにはノックアウトされてしまった。
私がメイデンを聴き始めたのが魔力の刻印からだけど、聞けば聞くほどファーストアルバムとセカンドアルバムを聴きたくなってしまった。もちろん最初の2枚のアルバムのVoはポール・ディアノであったが、この2枚はポールで良かったと思わせる作品である。まだ知らない人は一度聞いてほしい。

posted by エディ at 17:40| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | IRON MAIDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二人の神

662.jpgMichael_schenker.jpg私にとってギターの神様といったらこの二人であろう。「リッチーブラックモア」と「マイケルシェンカー」私らの時代の人なら知らない人はいないと思うが、私もリッチーのギターに酔い、彼のようにギターが弾けたらと練習に励んだものだった。その後二十歳を過ぎマイケルシェンカーに出会いこれもまた神とあがめるようになったのだが・・・・・・マイケルに出会うのはちょっと遅かったけどジミーペイジ同様私が尊敬するギタリストです。(性格はともかく)
posted by エディ at 12:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

グレコのレスポール

20071108 001.jpgこれは私がバンドを始めるちょっと前に購入したグレコのレスポールモデルブラウンサンバーストです。
スタジオでの練習はもちろんのこと、ライブでもメインで使っていました。
もう20年以上も使っています。特に改造といった改造はしていませんが、リヤにディマジオのスパーディストーションをはめ込んであるぐらいです。この後本家ギブソンのレスポールカスタムを当時80万で購入したものの弾き辛くてほとんど使わなかったため手放してしまいました。
派手さはないものの私好みの音を奏でてくれるので今でも非常に気に入っています。
posted by エディ at 17:21| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器(ギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイーン

300px-Queen_1984_012.jpg私がKISSとともによく聴くようになったバンドがクイーンである。
クイーン(Queen)は、1973年から活動している、イギリスのロックバンドで、1973年にデビューし、現在までに15枚のオリジナル・アルバム、その他多くのライヴ・アルバムやベスト・アルバムを発表している。

1991年にリードボーカルのフレディ・マーキュリーが死去してからも、残されたメンバーによる「クイーン」名義での活動は断続的に続いており、正式に解散したことはない。また、ベースのジョン・ディーコが引退してからも、ギターのブライアン・メイとドラムスのロジャー・テイラーの二人がクイーンの名を受け継ぐ形で活動を展開し、2005年からポール・ロジャースと組み「クイーン+ポール・ロジャース」として活動しておりハードロックファンだけでなくポップスファンの中でもクイーンを好きな人は多く非常に広いファン層を持っているバンドの一つである。
posted by エディ at 00:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KISSを知らない世代に・・・

774.jpg
このアルバムはKISSを知らない世代の人にも私のように古くからのファンにもとても貴重なCDだと思う。
世代を超えて愛されるKISSの大ヒット曲からソロ・ヒットまでをも網羅した2枚組ベスト・アルバム。74年のデビュー・アルバムから82年まで、歴代メンバーのプレイが楽しめる定番曲ばかりを収録してあり。
KISSを知らない世代の人にとっても入門CDとしては充分に彼らの音楽がわかると思うお勧めのCDである。 
 
posted by エディ at 00:35| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KISS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴェロキラプトル

20080413 010.jpg20080413 009.jpg「ヴェロキラプトル」についてちょこっと書いてみる。
ヴェロキラプトル とは 直訳すると 速く盗む者という意味らしいが、この恐竜はジュラシックパークで一躍有名になった恐竜で映画の中では2〜3メートルほどの成人男性より大きくとても凶暴であるように描かれている。
しかし、凶暴であるというのは肉食恐竜であるから当たり前であろうが大きさについては実際はさほど多くもなく、映画でのラプトルのモデルはヴェロキラプトルではなく、デイノニクス(Deinonychus)である。当時、「デイノニクスとヴェロキラプトルは同一種である」との説があり、これに従ったもの。しかし、ヴェロキラプトル自身の大きさはコヨーテ程の大きさであり、頭骨の形状の違い、生息した時代のずれなどからこの説は否定されている。
この骨格標本を見ればわかると思うが結構小さく骨格も華奢な感じがする。
posted by エディ at 00:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑学?(^^;) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

恐竜大陸だ〜〜!

20080413 012.jpg20080413 002.jpg今日13日娘を連れて幕張メッセでやっている世界最新!よみがえる恐竜大陸とやらを見に行った。
要するに恐竜の化石などが展示されているのだが、私も子どものころから恐竜は大好きでその血を引き継いだのか娘も恐竜が大好き。入場料が結構高いのでちゅうちょしていたんだけどたまたまただ券を入手できたので言ってきました。いや〜〜憧れのティラノサウルスやステゴサウルス、トリケラトプスなどはなかったもののフクイラプトル、ディロフォサウルス、タルボサウルス、ヴェロキラプトルなど有名どころが勢ぞろいしていたので子どものみならず親もかなり興奮しちゃいましたね。
写真はフクイラプトルとタルボサウルスです。
これで入場料が安ければよかったけど・・・・・


ま〜楽しめたんでよしとするかって思ってますが。
かみさんがよく言ってるけど子どもはパパの血が濃いってまったくその通りみたい(^^;)
posted by エディ at 18:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

キッス

291.jpg前作『キッス・アライヴ〜地獄の狂獣』で決定的な人気をモノにしたキッスが翌1976年に発表した通算5作目のアルバム『地獄の軍団』。プロデューサーはアリス・クーパーらを育てたボブ・エズリン。M1、3、5、7、8といった名曲がずらりと並ぶが、中でもM8”ベス”はスマッシュ・ヒットを記録しましたね。
キッスといえば思い浮かぶのはあのメイクである。
途中かたメイクを落とし素顔で活動していたが・・・・・・そしてこのアルバムDestroyerが私が買ったはじめての洋楽のLPだったな〜。友人に進められて購入したのですが今まで歌謡曲しか聞かなかった私には結構どぎつい衝撃でしたよ。
今背もこのアルバムは大好きな作品のひとつですね。キッスの中でもbPと言っても過言ではないと思います。興味がある方は一度聞いて見てください。
新鮮な感じがすると思いますよ。

posted by エディ at 17:36| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KISS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレコエクスプローラー

20071108 002.jpgこれは「グレコ」のエクスプローラーモデル!
さすがに本家ギブソンを購入するほどの財力もなく「グレコ」がお手ごろだったのでかってしまった。
でも結構よい音出るし弾きやすいです。
派手さはないものの綺麗にトラ目も出ているし(表面だけかどうかは別ですが)渋いと思いますね。
結構お気に入りかもわーい(嬉しい顔)
posted by エディ at 06:42| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器(ギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

Tony MacAlpine(トニー・マカパイン)

macalpine_HKsml.jpgと言ってわかる人はどれくらいいるだろうか?

どれくらい前になるだろう・・・正確には覚えていないが、イグウェイマルムスティーンの後あたりに出てきたHMギタリストである。当時のバンド仲間から彼のことを聞いてアルバム(当時LP)を購入しぶっ飛んだ記憶が有る。
幼いころからピアノとヴァイオリンの英才教育を受ける。ピアノでの即興演奏不得手を克服するためにギターを手にする。母が黒人、父は白人で妻は日本人。演奏の特徴としては、クラシカルミュージックとフュージョン等を独自の視点で捉えたコード進行に乗せるスウィープ奏法、タッピング、速弾きなどである。高度な技量を持っている上に音使いが独自的であり、またバッキング音でクラシカル音楽の理論を応用した複雑かつ流麗なハーモニーは他の追随によらぬ高度さを披露している。 この事から日本では「黒いイングヴェイ」という別名で呼ばれる事もある。 また、ほとんどのソロアルバムで彼が演奏するピアノ曲がおさめられている。
自分はショパンの曲(題名は忘れた)を聞いたことが有るがやっぱ当時はすごかったな〜。
でファーストアルバム、『エッジ・オブ・インサニティ』とセカンドアルバム、『マキシマムセキュリティ』はメタルインストの記念碑的名盤ともいわれる。

http://www.hmv.co.jp/music/
posted by エディ at 12:56| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。